いつもそらを見上げて

2014/09/19(金) 14:53:51

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑮

夏の思い出 パリ旅行⑮

7月7日から7月28日までのパリ旅行

長い3週間の中で美味しいものを食べたり、お土産を買いました。

140725パリ1
基本的にご飯は自炊。
母が作ってくれた料理や私が作ったおつまみを
姉が買ってきてくれるワインとともに楽しみました。

140727バケット140728パリ1
アパート近くにパン屋さんは2軒あり、
美味しいバケットやクロワッサンで簡単ランチ。

140722パリ
本場のマカロンを堪能したり。

140726ジヴェルニー14
カフェのピザをいただいたり。

140718ケーキ
ケーキも芸術的なものばかり。
姉お薦めのサントノーレは美味しかった!

お土産はモノプリという日本でいうコンビニのようなところで大量購入しました。
140821おみやげ4
美味しそうなクッキーやスナックがたくさんありました。

140821おみやげ6
息子が大好きなレーズンも。

140821おみやげ5
ヌテラはフランスの子供たち愛用のチョコクリームとのこと。
家でパンやホットケーキに塗って楽しんでいます。

140821おみやげ2
バターやチーズも。
写真にはありませんがマヨネーズやインスタントスープも購入しました。

140821おみやげ1
5個セットになったクスミティ。
姉に以前お土産でもらって美味しかったので
バラまき用に購入しました。
そのほか日本では高級な紅茶マリアージュも友人の誕生日用に購入しました。

140821おみやげ3
母が購入した日本人が経営しているチーズ専門店のチーズを
おすそ分けしてもらいました。
そぎ切りして食べるのですが、ワインに最高に合います。

140821おみやげ7140821おみやげ8
姉から旦那さんへ撮っても高級なチョコをいただきました。
とっても高級なんです。
息子も一つ食べてみましたが、大人過ぎる味で駄目でした(笑)。
旦那さんは大切に少しずつ食べていました。。


3週間という時間も過ぎてみればあっという間の時間でした。
楽しく美味しくとてもいい旅行でした。
お姉さん、お母さん本当にありがとうございました!




ニトリのクリスマス用品を使った飾り付け モニター募集キャンペーン 
スポンサーサイト

2014/09/12(金) 14:35:18

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑭

夏の思い出 パリ旅行⑭

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月26日(土)はジヴェルニーに行ってきました。
セーヌ河沿いの静かな村です。
睡蓮」を描いたモネが晩年を過ごした村で、その家と庭園が
公開されています。
モネは43歳で移り住み、50歳で家を購入。
自ら庭に池を掘り睡蓮を植え、「睡蓮」の連作を描き上げたそうです。

メトロでサンラザール駅へ行き、
そこからヴェルノン駅まで列車で45分。
ジヴェルニーまでは専用の観光バスで向かいました。

140726ジヴェルニー
バスを降りたら観光化されたきれいな街並みを抜けていきます。
観光バスが何台も出るほどの観光地でした。

140726ジヴェルニー2
自動でシャボン玉が出てくる器械があるお店。
息子は行きも帰りもずっと遊んでいました。

140726ジヴェルニー3
入場口にはモネの写真が。
おひげのおじいさん・・・。
モネには世界がどのように見え、あの「睡蓮」を描いたのでしょう。

140726ジヴェルニー4140726ジヴェルニー5140726ジヴェルニー6140726ジヴェルニー7
モネの庭はとても広くいろいろな花が咲き乱れていました。
息子は花の迷路と言っていましたが、まさしくそんな感じです。
140726ジヴェルニー9
花の迷路を抜け、トンネルをくぐると・・・
140726ジヴェルニー8
池と大きな木々が茂り雰囲気ががらりと変わります。

140726ジヴェルニー10
140726ジヴェルニー11
140726ジヴェルニー12
大きな池にはたくさんの睡蓮が生えていました。
とても写真に撮り切れる大きさではありませんでした。
庭園特に池の周りは観光客でごった返していて、少々異様な雰囲気でした。
モネはこの素晴らしい庭園を一人占めしていたのかと思うと羨ましい。
でも管理はとても大変だったと思います。あたしにはきっと無理・・・。

140726ジヴェルニー13
モネの家の中も公開されていて数々の絵画が飾ってありました。
中でも日本の浮世絵が数多く飾られていたのには驚きました。
モネは浮世絵をとても気に入っていたそうです。
2階の部屋から眺める庭園も素晴らしくきれいでした。

140726ジヴェルニー14
帰りの汽車を待つ時間で駅前のカフェで簡単にピザランチを食べました。
地方都市はパリとは比べ物にならないほど物価が安いと感じたのですが、
とても大きくて美味しいピザだったのにとても安い料金でした。
ピザソースが苦手だった息子も美味しいと言っていました。

ランスもジヴェルニーも田舎者のあたしにはとても居心地いいい場所でした。
またフランスに行く事があったら、色々な地方都市に行ってみたいと思います。

2014/09/11(木) 14:48:34

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑬

夏の思い出 パリ旅行⑬

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月23日(水)は姉とランチに行ってきました。
1つ星フレンチレストラン「Le Petit Celadon」です。
オペラ駅から歩いて3分ほどの場所にありました。

フレンチレストランなんて初めての経験で、ランチといえども
少々おめかしして行きました!

店員さんとのやり取りもメニューもすべて姉にお任せしました。

140723パリ1
オードブル 頼んだ料理の前に出てきました。
        一口サイズでしたが、味も食感もそれぞれ違い楽しめました。

140723パリ2
あたしの前菜 青いトマトにスフレっぽいクリームが入っていました。
         思いのほかさっぱりしていました。
         下にひかれた濃厚なチーズがまたいいアクセントに!
         青いトマトを食べたのは初めてでしたが、甘くないせいか
         クリームに合っていました。

140723パリ3
姉の前菜 きのこの前菜でした。

140723パリ5
あたしのメイン 白身魚のポワレでしたが、白身がしっとりで
          今まで食べた白身魚の中で一番柔らかく美味しかったです!
          付け合わせの野菜もきれいでした。
          ワインが進みます。
140723パリ4
姉のメイン お肉のメインでした。

140723パリ6
最後はカフェです。プチデザートもついて豪華でした。

140723パリ7
店員さんが写真を撮ってくれました。
年配の男性でしたが、日本人も多く来るようでとても穏やかで
やさしく、トークも上手でした。
ワインも飲んで美味しいコースも食べて、最高に贅沢な時間を過ごしました。
お姉さん本当にご馳走様でした!

その後姉と別れてひとりでオペラにあるデパートをぶらぶら。
ほろ酔いだったので早々にひきあげました。


140722パリ
フランス菓子と言えばマカロン。
シャンゼリゼ大通りにある有名なマカロン専門店LADUREEのマカロンです。
お店はとても混んでいて行列が出来ていましたが、
半数は日本人だったようです。
息子はマカロンとても気に入ったようでした。

2014/09/08(月) 14:48:20

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑫

夏の思い出 パリ旅行⑫

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月20日(日)はランスに行ってきました。
フランスの地方都市で、シャンパンの町です。
かつてはフランス王はランスで戴冠式を行わなければ正式な王と
みなされなかったという伝統ある都市です。
フランスについてから初めてパリ市街への旅でした。
170720ランス1
パリの東駅からフランスの新幹線TGVでランスまで向かいました。
TGVで45分ほど。

170720ランス2
日本でも乗ったことない新幹線初体験の息子はご機嫌でした。

DSC00386.jpg
郊外の景色はまるで北海道のように大地が広がっていました。
時速300キロは出ていて驚きました。

170720ランス3
ランスの駅から目指すノートルダム大聖堂まで
路面電車が走る街を歩きました。
パリとは違って静かでゆったりしたきれいな街並みでした。
トリコロールカラーの噴水がきれいでした!

170720ランス4
この街にもオシャレなメリーゴーランドがありました。
しかも2階建て。
息子はばばに乗せてもらいご機嫌でした。

170720ランス5
ランスのノートルダム大聖堂。
フランス随一の格式をもつ大聖堂とのことです。
修復中でしたがその外観は圧巻でした。

170720ランス6
色々なデザインや形のステンドグラスがたくさんありました。

170720ランス7
シャガール作のステンドグラスがありました。

140720ランス9
どこでも走り回る息子。

140720ランス10
帰りは駅近くの公園で遊びました。
公園もとても綺麗でのんびり出来ました。

140720ランス8
どこもかしこもきれいな花ばかりで記念に1枚。

2014/09/06(土) 21:59:00

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑪

夏の思い出 パリ旅行⑪

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月19日(土)はオランジェリー美術館へ行ってきました。
あの有名なモネの睡蓮の美術館です。

水連は驚くほどの大きな絵画でしかも連作だったことは知りませんでした(笑)。
芸術には疎いですが、確かに色使いやそのタッチは、すばらしいと思える作品でした。

140719パリ2
オランジェリー美術館まではメトロのコンコルド駅を降り、
コンコルド広場の脇を通って向かいます。

140719パリ4
オランジェリー美術館前。
ルーヴルに比べると外観はいたってシンプル。

140719パリ3
モネの睡蓮は撮影禁止でした。
睡蓮の他もたくさんの絵画がありました。

140719パリ5
その後は徒歩でオペラ座を目指しました。
息子は歩けないと言いだし、姉におんぶしてもらいご機嫌でした。

140719パリ10
オペラ座をバックに。

140719パリ6140719パリ7
途中に合った教会に立ち寄りました。
名前はど忘れ(汗)。
その他にもフランス大統領府の前も通りましたが、
大大豪邸でした!
その後、日本食材店やチーズ専門店に立ち寄り、メトロのオペラ駅から帰りました。

 次のページ