いつもそらを見上げて

2014/08/29(金) 23:09:33

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑧

夏の思い出 パリ旅行⑧

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月14日(日)の午後はルーヴル美術館に行ってきました。
モナリザくらいは知っていましたよ(笑)。
140714ルーヴル8
140714ルーヴル12

パリ祭のこの日ルーヴル美術館は何と無料開放!
どこの国の人も無料には弱いのですね。
驚くほどの大混雑でした。
140714ルーヴル1
140714ルーヴル2
140714ルーヴル4
光があふれる館内、混んでいなければ静寂で幻想的な場所なのだろうと
思いました。

140714ルーヴル3
これ、有名な彫刻ですよね。でも名前忘れてしまいました(汗)。

140714ルーヴル7
モナリザは遥か遠く。
近づく元気もありませんでした。
が、元々モナリザすきじゃないのでいいのです←いい訳ではありません。

140714ルーヴル6
140714ルーヴル5
大小さまざまな絵画がびっしり展示されていました。
芸術的なセンスがなくてもその価値は分かります。
絵も凄いけど、額縁の細工もすばらしかったです。

140714ルーヴル9
彫刻もたくさん展示されていました。140714ルーヴル11
ひろい館内をとにかく歩く歩く。

140714ルーヴル10
ナポレオンが使用していた居室も見学しました。
きらびやか過ぎて何が何だか・・・。

本当に一生に一度の思い出になりました。

その後はチュイルリー公園を抜けてコンコルド広場を横目に
メトロのコンコルド駅からアパートに戻りました。
140714チュイルリー公園1
ハトおじさんならぬハトお兄さんがハトをたくさん引きつれていました。
140714チュイルリー公園2
食べ物を与えている様子はないのにハトはお兄さんの後をずっと追います。
その姿に、息子は驚きのひょうきんポーズ。

公園もにぎわっていましたが、パリの公園はどこもとても綺麗。
素晴らしい公園の景色に癒されました。

スポンサーサイト

2014/08/26(火) 14:53:06

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑦

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月14日はパリ市内はパリ祭で盛り上がっていました。
凱旋もをスタートしてシャンゼリゼ通りを軍隊がパレードし夜には
花火が打ち上がります。

早速凱旋門近くでパレードを待ちましたがとにかく凄い人でした!
140714パリ祭2
パレード開始の1時間前に到着しましたがあっという間に人の波です。

140714パリ祭3
疲れた息子はダラダラ。
この後すっとおんぶしてました。

そしてそして1時間待ってようやくパレードが始まりました。

140714パリ祭4
騎馬隊の後は戦車のパレード。
140714パリ祭5
救急隊のパレードへと続きます。

そしてそしておまちかねの・・・
140714パリ祭1
戦闘機のパレード。
息子をおんぶしていたため自分で写真が撮れず無念です。
が、凱旋門すれすれに飛ぶ戦闘機におんぶの疲れも吹き飛びました。
最初の戦闘機はトリコロールカラーの煙を出していてきれいでした!

DSC00166.jpg
戦闘機の後はヘリコブターのパレード。

こんな近くで戦闘機が飛ぶのを見たのは初めてで大興奮でした。
凱旋門は普段その上まで登れるようになっているのですが、
パリ祭のときにも凱旋門上には人が見えました。
戦闘機スレスレなのでは!といらぬ心配も。

この日は夜花火も打ち上がり、もの凄く低い所に上がる花火のようで
見てみたかったのですが、何せ日没が22時を越えるそうで。
起きている自信がなくあきらめました、が、
眠りついてすぐに爆音で飛び起きました。

花火とは思えないほどの打ち上げ音でしたが
結局花火は見に行かず。

それだけが少し心残りの初めてのパリ祭でした。

2014/08/26(火) 14:16:07

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑥

7月7日から7月29日までのパリ旅行記⑥

7月13日(日)は姉とパリ市内観光へ。
ステンドグラスが好きな息子の要望にこたえてくれ
まずはサントシャペル(最高裁判所)へ。

こんなにきれいなステンドグラスってあるのですね。
1枚1枚が芸術的なもので、
4方ステンドグラスの空間に圧倒されました。
140713サントシャペル1140713サントシャペル4
140713サントシャペル2
丸いステンドグラスの窓。バラ窓というそうです。

140713サントシャペル5
観光地なので観光客でぎっしりでした。
だからか、むっつり顔の息子。

その後はこれまた有名なノートルダム大聖堂へ。
140713ノートルダム大聖堂3
小雨が降っていましたが、入口は長蛇の列が。
140713ノートルダム大聖堂2
パリ市内は大小さまざまな教会があるようですが
こちらは本当に大きな教会でした。
日曜日はミサが行われていてお祈りやパイプオルガンが響き渡っていました。
どの窓を見てもステンドグラスがすごいのでありました。

ところでノートルダム大聖堂・・・一つしかないと思っていたのですが、違うのですね。
ノートルダムとは聖母マリアの事で、この名前を冠にした協会は聖母マリアに捧げられて
いるとのこです。
なるほど、地方都市ランスに行った時もノートルダム大聖堂に行ったのですが
その時に??と疑問に思い、分かりました!
他にもノートルダム大聖堂はあるようですね。
他にサン・ピエール=聖ペテロ(キリストの12使徒の一人)、サン・ジャン=聖ヨハネ
とそれぞれ協会名で誰に捧げられた教会が分かるようです。




2014/08/25(月) 13:39:56

[未分類] 夏の思い出 氷見編

夏休みの後半は旦那さんの実家、氷見に行ってきました。
今回もあたしは終始のんびり、旦那さんものんびり、息子はわがまま放題に
過ごしました。
毎回恒例、じいちゃんが大袋花火を買って用意していてくれ
雨の止み間に急いで全部楽しみました。
140815氷見

今回のお盆期間中は大雨洪水警報が出るほどの大雨で・・・
濡れるの覚悟で小雨の中で描けたのは
ドラえもんの公園!
高岡市にあるおとぎの森公園です。
140816氷見1
多分等身大?ドラえもんとのび太と一緒に。

140816氷見4
ドラミちゃんとしずかちゃんとも。

140816氷見3
ジャイアンの後ろにはドラム缶(笑)。
スネオもいましたが撮り忘れ。。。

140816氷見2
ドラえもんの漫画や書籍、DVDが見られる施設までありました。
このほか小さな自然科学館のような施設が入った展望台あり、
広い芝生に魅力的な遊具あり。
川まで流れていて、水遊びできるスペースあり。
雨が降っていたのですが、息子は大きなローラー滑り台を楽しみました。

次回はお弁当を持って1日楽しみたい公園でした。

140816氷見6
傍若無人な息子ににゃんこ達は大迷惑したことでしょう。

140816氷見7
みな避難していました。
そして今回も4匹のうち1匹は最後まで姿を見せてはくれませんでした。

140821昼ご飯
夏休みも終わってほっとしたあたし。
ずっと食べたかったサブウェイを一人のランチにいただいてます。
夏に美味しいスパイシータンドリーチキン。
ピリ辛で思わずビールを飲みたくなる味でした。
サブウェイはパンの種類、トーストの加減をオーダーでき、
野菜を増減出来たりと、
サンドにうるさいあたし好みのお店です。
いつもパンはハニーオーツ、トースト強め、野菜増量(レタスは特に多く) でお願いしています。
野菜のサブウェイファンサイトファンサイト参加中
野菜のサブウェイ

2014/08/13(水) 08:59:28

[おでかけ] 夏の思い出 新潟編

パリ旅行の前後は新潟を満喫してきました。
友人親子とあったり、お祭り参加したり、花火を見に行ったり
今回もたくさん遊びました。

140706息子
パリ旅行前の息子とそら。

140807息子1
パリ旅行後の息子とそら。

140804息子1140804息子2
熱い日が続き、今回は車がなかったので,
お出かけは控えめ。
赤ちゃんの頃遊んでいた
プールに毎日のように入りました。

100828息子
1歳の頃の息子。
むちむちだぁ。

140809息子1
地元の町内のおまつり。
盆踊りの前に子供のお楽しみゲームがありました。
9枚のパネルをボールを当てて落とすゲーム。
5枚当てました!

140809息子2
台風の影響で小雨が降り寒いのに・・・
お決まりのかき氷。

140811息子2140811息子1
大好きな児童館にも2回遊びに行きました。
今回の工作はスライム。
家でも何度も遊びました。

140807息子2
一応字のお勉強も。
おふざけ文字が大好きです。

念願の新潟祭りの花火も見に行きました。
息子は打ち上げ花火をまともに見るのは初めてです。
140811息子3140811息子5140811息子6
台風の影響で1日延期になり、河川敷も比較的空いていました。
そのおかげで場所取りすることなくゆっくり見ることができました。

140811息子8
大興奮の息子は「きれい~」と叫んでおりました。
花火後じいちゃんに花火が上がったら「たまや~」と言うことを教えてもらい
なんで教えてくれなかったの!と責められました。

じいちゃんにもばあちゃんにもそらにもたくさん遊んでもらって
美味しいものもたくさん食べて、おもちゃも買ってもらって
たくさん思いで出来て良かったね。

2014/08/10(日) 15:20:11

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑤

7月7日から7月29日までのパリ旅行記⑤

パリについて初めての週末、姉が仕事休みの7月12日(土)には
パリ市内の公園、リュクサンブール公園に行ってきました。
140712パリ1
パリの公園初デビューです。
まずはきらびやかな門と柵に囲まれた歴史的な建物にビックリしました。
ここが公園?とドキドキ。

140712パリ2
公園内は手入れされた芝とセンスのいい花や木に囲まれ、
いろいろなベンチや椅子がランダムに置かれ誰でもくつろげるようになっていました。
特に観光地というわけではないようで、地元の人たがランニングやピクニックをしています。

140712パリ4
公園内にある建物・・・。

140712パリ6
皆が記念撮影していたので便乗しまして。

140712パリ15
息子はやっぱり遊具が一番。
どの公園にもたいてい柵で囲まれた子供用のスペースがあって
安心して遊ぶことができます。
ちなみにこちらは有料で、遊具の種類も豊富でとても綺麗でした。


140712パリ5
日本ではあまり見かけないぐるぐる回る遊具。
ずっとしがみついてました。

140712パリ7
一番はまっていた遊具は・・・。
やっぱり砂遊び。
ロープの先にはバケツのようなスコップついていて
砂を入れては持ち上げて・・・。

140712パリ8
穴から砂を落とす!
これだけなのですが、ハマった息子はエンドレス。
この後も観光の予定があったのですが終わらせるまで時間がかかりました。

その後は(有名な?)サンミッシェル大通りをプラプラして、
通りがかった教会に入りました。
140712パリ9
教会広場の噴水の迫力がまたすごいのでありました。

140712パリ10
噴水好きの息子。
久しぶりにいい笑顔の写真が撮れました。

後で姉に調べてもらいましたが教会の名前はサン・シェルピス教会。
特に有名ではない教会らしいのですが、
パリの教会に初めて入ったあたしは、初めての空間に驚きました。
歴史的な建物と厳粛な祈りの空間は信仰のない人間でも何かに祈りたくなる
場所のようでした。
立派すぎてどれだけ有名な教会と思いきや、パリにはこんな教会が
たくさんあるそうなのです。

お寺の幼稚園に通う息子は、園内にある本堂でお釈迦様へのお祈りの時間が
あるので、すんなり受け入れていました。
なので旅行中教会の中だけでは言われなくても静かに過ごしていました。

そしてこの日の帰りのメトロはあたしと息子の二人だけで乗り、アパートまで帰ったのですが
もう緊張して緊張して久しぶりに頭も感覚もフル回転。
何事もなくたどりつきましたが、あの緊張感はもう味わいたくない思い出です。

2014/08/08(金) 06:33:41

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行④

7月7日から7月29日までのパリ旅行記④

パリ市内での観光はメトロ(地下鉄)での移動が主でした。
1番線から14番線まであり、パリ市内の観光地をめぐるにはとても便利。
でも目的地までは何回か乗り継ぎをしなければいけないので
慣れるまでは大変でした。
スリも多いようであたしは緊張の連続。
日本で地下鉄に乗る機会はほぼなく、息子は初体験でしたが、毎回の移動をいつも
楽しみにしていました。改札で切符を通すのが楽しく、メトロの駅名もいくつも
覚えていました。
140726パリ1
日本と違うのは駅や電車内でも楽器演奏のパフォーマンスをする人が多いこと。
1人だったり、複数名だったり。
車内でなんて日本では考えられない。
あとは犬まで乗っていたり(笑)。

そしてパリ市内には、フランス地方都市や、近隣諸国へ向かう鉄道専用の主要ターミナル駅が
7つ、あるとのことです。
7月10日と26日ははその一つサンラザール駅に行ってきました。
140726パリ2
ガラス張りの明るい天井がとても綺麗でした。
構内にはピアノが置いてあってだれでも自由に演奏できるようになっていました。
大人がかわるがわる弾いていましたが、みなさん上手!
駅ビル内にはいろいろなお店があってショッピングも楽しめます。
日本の無印良品があって嬉しくなりました。

10日は駅構内と駅ビル・周辺の観光でしたが、
26日はモネの家があるジヴェルニー観光でヴェルノンまで実際に列車に乗りました。

140710パリ1
140710パリ2
140710パリ3
30番線くらいまであったのですが、線路の終点地点を見るのは初めてで
たくさんの列車がズラリと並ぶ姿は圧巻でした。
(息子厚手のフリースを着ていますが旅の前半は最高気温が15度くらいで
とても寒かったのです。あたしも姉のコートを借りました。)

26日ヴェルノンまでの列車は姉がeチケットで予約してくれましたが、
息子のために駅での発券と改札を体験させてくれました(フランスでは
eチケットで予約すれば駅での発券も改札もスルー出来とても便利)。
どちらにしても姉がいなければ満足に列車にも乗れなかったはずです。
140726パリ3
まずは予約を確認して発券。

140726パリ4
改札にチケットを通して・・・。
改札通らなくても誰でも列車に自由に乗れる光景には驚きました。
もちろん乗車後に車掌さんがチケットの確認に来ますが
来ないこともあります。

140726パリ5
改札を通ったらいざ出発です。
今回の旅行はパリ市内がメインでしたが、
姉が休みの日は2か所の地方都市観光もしてきました。
フランスの新幹線(TGV)にも乗りましたが、
息子は新幹線も初体験!
初体験がたくさんで良かったね。

2014/08/05(火) 20:47:04

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行③

7月7日から7月29日までのパリ旅行記③

パリで行ってみたいところ・・・数少ない場所はマルシェ(市場)でした。
パリ市内様々なマルシェがあるようですが、
アパートから歩いて行ける距離にある
パリ16区にあるプレジダン・ウィルソンに滞在中何度か通いました。
パリの中では少々高級なマルシェとのことでしたが、
色とりどりの野菜や果物・花。
新鮮な海産物や肉。
チーズやワイン・パン。
それぞれのお店が並び、日本の市(地元の朝市しか知りませんが)とは違う
カラフルさと陽気さにこちらもウキウキ気分になりました。

日本で購入する値段よりすべて高めですが、
特に野菜はその新鮮さと味の濃さに感激しました。
トマトはいろいろな形と色があって味も濃くて美味しかった!

魚はパリで購入するにはかなり高いようで
滞在中は肉とチーズ中心の食生活でした。

140716マルシェ
いろいろなお店がずらっと並ぶマルシェ。
母の教え、客が多い店で買えば間違いないは、まさにその通りでした。
安めで新鮮な野菜がたくさん手に入りました。
ただ、パンはマルシェで購入したのは失敗でした。
堅くて味気ないバケットを食べ、がっかりしましたので。
パリで買うパンはやっぱりパン屋が一番です。

2014/08/04(月) 21:10:19

[おでかけ] 夏の思い出 パリ旅行②

7月7日から7月29日までのパリ旅行記②

ヨーロッパについては特に興味もなく。
フランスのパリと言ってもバケット以外特に感心がなかったので、
観光と言っても、特にここに行きたい!という場所も思いつきませんでした。

ので、まずはお決まりの、凱旋門見物が旅の始まりでした。
7月8日(火) 凱旋門~シャンゼリゼ大通り
140708パリ1
凱旋門をバックに息子と母を写真に撮ろうとしたら
軍の兵士の方が声をかけてきました。
フランス語なんか一切分からないし、
姉からはスリに気をつけて、と言われていたので、
デジカメを渡すのもかなり躊躇してしまったのですが、
断るフランス語力もなかったので、お願いしました!
なんか軍の人、かなりゆるくて刺青してたり、ずっとリラックスして談笑してたり・・・
これがフランスっぽいのか??と思ってしまいました(笑)。
でもおかげで記念の一枚が撮れました。
ありがとうございました。

140708凱旋門1
凱旋門の下までは地下道があります。
観光客でごったがえしています。

140708凱旋門2
凱旋門の下。
門の外側も内側も芸術的な彫刻が刻まれています。

140708凱旋門3
カメラを向けるといつも変顔の息子。
この旅行でもほぼ変顔写真ばかりです。

姉の住むアパートから徒歩15分ほどで凱旋門につくなんて!
驚きの1日で観光が始まりました。

2014/08/03(日) 18:32:51

[おでかけ] 夏の思い出 パリ旅行①

7月7日から7月29日までのパリ旅行記①

7月7日(月)9:30新潟空港発、韓国ソウル、インチョン空港経由で
乗り継ぎの待ち時間含め約16時間かけ
現地時間7月7日(月)18:20にフランスパリ、シャルルドゴール空港に
到着しました。
4歳児を連れての長時間フライトはどうなる事かと心配しましたが、
各座席についているAV機器には映画やテレビのほかに
何とゲームまでついていて!
テレビゲームに憧れている息子はもうこれだけで十分。
映画やテレビは日本語の吹き替えや字幕のものが少なかったのですが、
いろいろな種類のゲームに時間が足りないくらいで、
息子はほとんど寝ずにすごしました。

それよりも大変だったのは食事でした。
新潟~インチョン線では軽食1回
インチョン~パリ線では3回食事が出ましたが、
子供が食べられる味付けではなく、息子はほぼパンや
デザート・ジュースだけと、持ってきたおやつを食べていました。
大人は美味しくワインまでいただきましたが。

それとインチョン~パリ線は満席のため3人並びの席が取れず
私と息子2人両端に外国人の男性に挟まれ、
トイレに行くタイミングにはとても苦労しました。

それでも息子は帰りの便も含め、ゲームし放題の天国な
状態の飛行機はとてもいい思い出にもなったようです(笑)。


そしてそしてフランスパリシャルルドゴール空港に到着した後は
姉が入国口まで迎えに来てくれていて、空港からのシャトルバスで
姉の住むパリ16区まで1時間ほどでスムーズに到着しました。

空港のあるフランス郊外の第一印象はまあ普通なものでしたが、
パリの市街地に近づくにつれ、その街並みには驚きました。
テレビの映像でしか見たことのない重厚な建物が連なり、
圧倒的は人と車の多さ、そして縦列駐車の多さ。
夜になっても日中のように明るい景色にも驚きました
(フランスの夏の日没は夜10時以降)。
息子はバスの中では力尽きぐっすりでした!

そしてそして、そして、姉のアパートで、その日からワインで乾杯の日々が始まったのでした。
ワインに全く興味のないあたしでしたが、夜いつまでも明るい景色と
その気候のせいでしょうか、赤ワインも白ワインもチーズと合わせると
最高に美味しくハマってしまいました。
140725パリ1
そして毎晩こんな感じの夜の食卓。
この日のワインはランス(訪れた地方都市)で姉が購入したシャンパンに、
いろいろなチーズをつまみに。
おかずは肉じゃが、ズッキーニのきんぴら、トマトのチーズクリーム、グリーンサラダ。
姉はワイングラス1杯。
その他はあたしと母二人で頂き、毎日1本以上のワインを空けていました!
この度の一番の思い出は今となっては毎日の晩酌だったかもしれません。

2014/08/02(土) 05:49:18

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行

ただいま新潟に帰省中です。
そして数日前までフランスのパリへ旅行していました。
ばあちゃんと私息子と3人で、パリに住む姉のところへ
なんと3週間も行っていました。

私にとってはこれで人生最後の(笑)海外旅行になるかもしれないので
日記として更新していこうと思います。

旅行では定番のこんな所やあんなところに行き
140708パリ1
凱旋門やシャンゼリゼ大通り
140714パリ1
ルーヴル美術館
140713パリ1140720ランス1
ノートルダム大聖堂
140715パリ1
エッフェル塔
140720ランス2
地方都市ランスのノートルダム大聖堂
140724パリ1
オペラ座近くのデパート
140726ジベルニー1
地方都市ジベルニーにあるモネの家の庭にある睡蓮

星付きのレストランでフランス料理を堪能したり
140723パリ1

ランチはバケットだったり
140728パリ1

夕食は毎日ワインを1本開けたり140725パリ1

どこに行ってもセンスのいい花に囲まれていたり
140720ランス3

こんなところで水遊びしたり
140716パリ1


いろいろな体験&経験をした3週間でした。
こんな経験をさせてくれたお姉さん、本当にありがとう。
お世話になりました。

明日以降旅行記をUPしていきます。