いつもそらを見上げて

2009/07/21(火) 03:48:15

[おでかけ] 天竜峡と白樺湖への旅

090719天竜峡

この3連休は里帰り&出産前の夫婦2人、最後の豪華旅行と言う
ことで、1日目は急遽白樺湖ドライブへ。2・3日目は天竜峡温泉へ。
白樺湖は以前もドライブしたことがありますが、
あたしが行きたいと言っていたカフェのことを旦那さんが覚えて
くれていて前日に急遽行くことになりました。
白樺湖近くにある陶芸工房陶仙房に併設されているカフェで
情報誌のまかないサンドイッチの写真を見て、一目で食べたいと
思ったサンドでした。
念願かなってのサンドイッチはバケットサンドでしたが、
パンが抜群に美味しい!
パンも店内で売っていたのですが、このバッケトは販売して
いないとのことで、残念・・・。
また来てでも食べたいサンドでした。
このほか、店内&敷地内では販売している陶芸品&
いろいろな陶芸家さん達の作品展があり、
とても癒される空間でした。
素敵な器がたくさんあり、バイト代もでるし思わず
購入しそうになりましたが、明日以降もお金がかかると思い
グッと我慢(笑)。
旦那さんと勝手に作品評価会なんかして見ているだけで
楽しめました。

そして今回の連休のメイン、温泉での豪華な(?)温泉旅行は、
飯田市にある天竜峡温泉「割烹旅館 峡泉」へ。
天竜川ライン下りつきのプランを申し込みました。
こちらの宿は、最近長野の有名は情報誌のトップにも取り上げられた
お宿(宿でその雑誌を見つけ知ったのですが)です。
ネットで偶然見つけたのですが、既にネット予約は満室。。
諦められず電話で確認したところ1部屋用意できるとのことで
我が家にしてはだいぶお高めな宿泊料金でしたが
奮発して予約を入れました。
1日目は飯田では有名なイタリア料理店でピッツァ&パスタの
ランチを食べ(値段の割にはがっかりでしたが雰囲気を味わい)、
お楽しみのライン下りを。。
妊婦と言うこともあり、雨の影響で増水した川を前にキャンセルも
考えましたがこれがとても楽しかったです。
心配していた水しぶきや激流もなく、天竜峡の絶景を風を感じながら
船の目線でのんびり下り、ガイドさんの投網&取れた魚を
トンビに空中で餌付けという粋なショーも見れ、大満足でした。

そしてそしてメインのお宿へ。4時前には到着してのんびり過ごしましたが
国定公園内にある平屋で10室しかないお宿は部屋の広さも充分にあり
ちょっとかび臭さがある古い建物であたしの大好きなお宿でした。。
お風呂は残念なことに露天風呂がないのですが、ラドン温泉で
トロッとした泉質。天竜川の断崖沿いにあるので景色も楽しめ
のんびり出来ました。しかも他のお客さんとかぶることなくほぼ一人で
入浴できラッキーでした。
そしてそして一番のお楽しみの夜ご飯。
割烹旅館と言うことで見た目もお味も大満足。
今まで泊まったお宿の中で一番美味しい!と思いました。
この日は特別にお酒も解禁に!
やっぱりお酒は最高です。
懐石料理なのでたっぷり2時間をかけての食事。
お酒の影響もあり食べ終わると直ぐに就寝(いつものことですが)。
朝方一人贅沢にまた温泉に入り、夜食に頂いた花豆の煮つけを
お茶と共に頂き、のんびりな朝時間を過ごしました。

そして朝食。こちらも今まで泊まったお宿の中でも一番の内容と質で
お腹一杯頂きました。(旦那さんは今回の連休で食べた食事の中で
この朝食が一番美味しかったそうです)

名残惜しくもあっという間にチェックアウトとなりましたが、
嬉しいおみやげまで頂きました。
おにぎりと煮物のミニお弁当でした。。
お昼は伊那名物ソースカツどんを食べる予定だったので
夜ご飯に頂きました。

旅館を後にして、国定公園内を散歩した後は
ゆっくりと松川村にあるレストランに向かい、旦那さんはソースカツどん、
あたしは肉野菜炒め定食を頂きました。
こちらのレストランもネットで探したのですが、ボリューム重視で
正直味は期待していませんでしたが、地元でもかなりの人気店の
ようで続々とお客さんが来て、店内は直ぐに満席。
味もボリュームも値段も大満足でした。

その後は伊那市の寒天パパ工場を見学し、充実した旅を終えました。
また仕事の1週間が始まりますが、充分に楽しめたのでいつもの
週末の夜より元気な夫婦2人でした。。。

090720夜ご飯
7月20日の夜ご飯
おみやげのおにぎりセット
レタスの肉味噌あんかけ
イカとズッキーニのバター焼き
小松菜のおひたし

090719朝ご飯
7月19日の朝ご飯
バケットサンド
ガーリックトースト(旦那さん用)
ズッキーニとシメジのソテー&トマトレタス


にほんブログ村 料理ブログへ←ポチッと応援お願いします。
スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する