いつもそらを見上げて

2014/08/08(金) 06:33:41

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行④

7月7日から7月29日までのパリ旅行記④

パリ市内での観光はメトロ(地下鉄)での移動が主でした。
1番線から14番線まであり、パリ市内の観光地をめぐるにはとても便利。
でも目的地までは何回か乗り継ぎをしなければいけないので
慣れるまでは大変でした。
スリも多いようであたしは緊張の連続。
日本で地下鉄に乗る機会はほぼなく、息子は初体験でしたが、毎回の移動をいつも
楽しみにしていました。改札で切符を通すのが楽しく、メトロの駅名もいくつも
覚えていました。
140726パリ1
日本と違うのは駅や電車内でも楽器演奏のパフォーマンスをする人が多いこと。
1人だったり、複数名だったり。
車内でなんて日本では考えられない。
あとは犬まで乗っていたり(笑)。

そしてパリ市内には、フランス地方都市や、近隣諸国へ向かう鉄道専用の主要ターミナル駅が
7つ、あるとのことです。
7月10日と26日ははその一つサンラザール駅に行ってきました。
140726パリ2
ガラス張りの明るい天井がとても綺麗でした。
構内にはピアノが置いてあってだれでも自由に演奏できるようになっていました。
大人がかわるがわる弾いていましたが、みなさん上手!
駅ビル内にはいろいろなお店があってショッピングも楽しめます。
日本の無印良品があって嬉しくなりました。

10日は駅構内と駅ビル・周辺の観光でしたが、
26日はモネの家があるジヴェルニー観光でヴェルノンまで実際に列車に乗りました。

140710パリ1
140710パリ2
140710パリ3
30番線くらいまであったのですが、線路の終点地点を見るのは初めてで
たくさんの列車がズラリと並ぶ姿は圧巻でした。
(息子厚手のフリースを着ていますが旅の前半は最高気温が15度くらいで
とても寒かったのです。あたしも姉のコートを借りました。)

26日ヴェルノンまでの列車は姉がeチケットで予約してくれましたが、
息子のために駅での発券と改札を体験させてくれました(フランスでは
eチケットで予約すれば駅での発券も改札もスルー出来とても便利)。
どちらにしても姉がいなければ満足に列車にも乗れなかったはずです。
140726パリ3
まずは予約を確認して発券。

140726パリ4
改札にチケットを通して・・・。
改札通らなくても誰でも列車に自由に乗れる光景には驚きました。
もちろん乗車後に車掌さんがチケットの確認に来ますが
来ないこともあります。

140726パリ5
改札を通ったらいざ出発です。
今回の旅行はパリ市内がメインでしたが、
姉が休みの日は2か所の地方都市観光もしてきました。
フランスの新幹線(TGV)にも乗りましたが、
息子は新幹線も初体験!
初体験がたくさんで良かったね。
スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する