いつもそらを見上げて

2014/09/12(金) 14:35:18

[パリ旅行] 夏の思い出 パリ旅行⑭

夏の思い出 パリ旅行⑭

7月7日から7月28日までのパリ旅行

7月26日(土)はジヴェルニーに行ってきました。
セーヌ河沿いの静かな村です。
睡蓮」を描いたモネが晩年を過ごした村で、その家と庭園が
公開されています。
モネは43歳で移り住み、50歳で家を購入。
自ら庭に池を掘り睡蓮を植え、「睡蓮」の連作を描き上げたそうです。

メトロでサンラザール駅へ行き、
そこからヴェルノン駅まで列車で45分。
ジヴェルニーまでは専用の観光バスで向かいました。

140726ジヴェルニー
バスを降りたら観光化されたきれいな街並みを抜けていきます。
観光バスが何台も出るほどの観光地でした。

140726ジヴェルニー2
自動でシャボン玉が出てくる器械があるお店。
息子は行きも帰りもずっと遊んでいました。

140726ジヴェルニー3
入場口にはモネの写真が。
おひげのおじいさん・・・。
モネには世界がどのように見え、あの「睡蓮」を描いたのでしょう。

140726ジヴェルニー4140726ジヴェルニー5140726ジヴェルニー6140726ジヴェルニー7
モネの庭はとても広くいろいろな花が咲き乱れていました。
息子は花の迷路と言っていましたが、まさしくそんな感じです。
140726ジヴェルニー9
花の迷路を抜け、トンネルをくぐると・・・
140726ジヴェルニー8
池と大きな木々が茂り雰囲気ががらりと変わります。

140726ジヴェルニー10
140726ジヴェルニー11
140726ジヴェルニー12
大きな池にはたくさんの睡蓮が生えていました。
とても写真に撮り切れる大きさではありませんでした。
庭園特に池の周りは観光客でごった返していて、少々異様な雰囲気でした。
モネはこの素晴らしい庭園を一人占めしていたのかと思うと羨ましい。
でも管理はとても大変だったと思います。あたしにはきっと無理・・・。

140726ジヴェルニー13
モネの家の中も公開されていて数々の絵画が飾ってありました。
中でも日本の浮世絵が数多く飾られていたのには驚きました。
モネは浮世絵をとても気に入っていたそうです。
2階の部屋から眺める庭園も素晴らしくきれいでした。

140726ジヴェルニー14
帰りの汽車を待つ時間で駅前のカフェで簡単にピザランチを食べました。
地方都市はパリとは比べ物にならないほど物価が安いと感じたのですが、
とても大きくて美味しいピザだったのにとても安い料金でした。
ピザソースが苦手だった息子も美味しいと言っていました。

ランスもジヴェルニーも田舎者のあたしにはとても居心地いいい場所でした。
またフランスに行く事があったら、色々な地方都市に行ってみたいと思います。

スポンサーサイト
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

2014.09.19 | URL | sora #- [ 編集 ]

プリティ・カフェ・チューリップさんへ

きっかけやタイミングがないとなかなか長期海外旅行は
実現しませんよね。
姉のおかげで貴重な体験が出来ました。

3週間もパリに居たなんて羨ましいなぁ~(^ ^)
モネの日本好きは有名ですが、実際に見れたなんて良いですね~!
私もいつか・・・・イツだろう?(ーー;)